#Houdini 18.5 PolyFrameでノーマルを作成する

Rebuild Factoryzの礒です。
今回はPolyFrameで点やカーブにノーマルを作成する方法を書いていきたいと思います。
ノーマルの向きを整える方法も軽く触れます。

1.直線にノーマルをつける

Lineノードを作成し、PolyFrameノードをつなぎます。

Tangent Nameだけチェックを入れて、右の入力欄にNと入力しておきます。
これでLineにノーマルがつきます。

この例の場合、Normal Nameにだけチェックを入れてもノーマルはつきません。
Tangent NameにチェックをいれてNと入力するのはHoudiniにおいては常套手段です。

2.今の状態でCopyしてみる

Copy to Pointsノードを作成し、ノーマルをつけた直線をコピー地点としてInput2につなげます。
そこに適当に方向だけはわかるジオメトリを用意して、Input1につなげます。

画像を見て分かる通り、ノーマルの方向がどちらも一緒ですね。
これを求めているのならこれでいいのですが、今回はノーマルの向きを変える方法も書いていきたいと思います。

3.ノーマルの向きを変える

Wrangleノードをつなぎます。

Groupに1と入力します。
これは、ノーマルの向きが外側を向いていないのが1番目の点だったので、1と指定しているだけです。

@N = -@N;

という簡単なコードをかきます。
単純にノーマルを逆にします。

これで両端のノーマルが外側を向くようになりました。

結果を見ると、思い通り、四角錐の頂点が外側を向くようになっております。

こんな感じで、直線にノーマルをつけてジオメトリのコピーの向きを操ることもできるわけです。

4.Circleの場合

Circleノードを作ってみましょう。

PolyFrameでTangent NameにNと入力してみます。
そうすると中心に向かったノーマルができますね。

5.Styleには色々とある

PolyFrameのStyleには

  • First Edge
  • Two Edges
  • Primitive Centroid

などと並んでおり、個人的によく使うのは上記にあげた3つかなと。
もちろん他のを使う人もいるでしょう。

6.Curveで検証してみる

First Edgeの場合がこれです。
エッジの向きに合わせてそれぞれノーマルが設定されていますね。


Two Edgesの場合がこれです。
2つのエッジの平均をとっているような感じが見受けられます。


Primitive Centroidの場合がこれです。
これはCurve全体(バウンディングボックス)の中心に向かって、ノーマルが伸びているように見受けられますね。

終わり

PolyFrameは色々な使い方ができる便利なノードです。
特にTangent NameをNとしてノーマルを作成するフローはよく使います。

では今回はこれで終わります。

投稿者: 矶信一

大家好!我在学习汉语。I like Houdini.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。