#SubstanceDesigner 3Dモデルのエッジに傷をつける

Rebuild Factoryzの礒です。
今回はHoudiniではなく、Substance Designerの話をしようと思います。

HoudiniとSubstance Designerはノードベースというところで似ているので、とっつきやすいテクスチャ作成ツールかなと思います。
ただ、3Dモデルを持ってきてそれに合ったテクスチャを作るにはちょっとコツがいりますね。

なかなかそういう情報も出回らないものですから、備忘録として書いていきたいと思います。


やりたいこと

3Dモデルを用意し、それをSubstance Designerにリンクさせてテクスチャを作成していきます。

はじめに

最初に新しいグラフを作っておきましょう。
この辺はSubstance Designerを使ったことがある方ならスムーズにいけるでしょう。

今回はシンプルにBase ColorとAmbient Occlusionの2つだけのOUTPUTにしておきます。

3D MeshをLink

エクスプローラーにあるパッケージを右クリックし、Link > 3D Meshと選択していきます。

Linkさせたい3Dデータ(fbxなど)を選択します。

エクスプローラーをみると、Resourceというフォルダが追加され、その中に読み込んだ3Dモデルがあります。
それを3D Viewにドラッグアンドドロップしましょう。

これで3Dモデルを見ながら作業ができますね。

テクスチャマップをBake

エクスプローラーの3Dデータを右クリックし、Bake model informationを選択します。

左下のBakers render listにあるAdd Bakerをクリックし、Ambient Occlusion Map from Meshと

Curvature Map from Meshを選択します。

Setup High Definition MeshesでUse low as high definitionにチェックを入れておきます。

画面下のほうにあるStart Renderをクリックし、MapをBakeしていきます。
完了したらCloseを押して閉じましょう。

グラフに配置

できた2つのMapはエクスプローラーに追加されています。
ドラッグアンドドロップでグラフ内に配置してみましょう。

Ambient OcclusionをOutputにつなげてみます。
特に変化ありません。

グラフ内を右クリックし、View Outputs In 3D Viewを選択します。

Base Colorにもつないで結果を見てみます。
3D Viewに反映されていることがわかります。

Edgeを汚すノードを追加

エッジに経年劣化に近い傷を付けようと思います。
そこでMetal Edge Wearを追加。

このノードのInputに注目。
Ambient OcclusionとCurvatureはBakeしたのでありますが、それ以外のPositionとWorld Space Normalというのがありませんね。
ということで再度Bakeしましょう。

Bake

1回目のBakeと同じように、エクスプローラーの3Dデータを右クリックしてBake model informationを選択します。

Add BakerでPositionとWorld Space Normalを追加します。
Ambient OcclusionとCurvatureはすでにあるのでチェックを外しておきます。

あとはStart Renderを押してBakeしてCloseで閉じましょう。

ノードのInputにつなげる

では早速作ったMapをドラッグアンドドロップでグラフに追加。
そして先ほど作ったMetal Edge WearノードのInputにそれぞれつないでいきます。

Outputにつないでみる

試しにBase Color Outputにつないでみましょう。
ご覧の通り3Dモデルのエッジ周辺に白い傷が追加されました。

あとは人ぞれぞれ活用の仕方は違うと思いますが、僕の場合はBlendを使って、Backgroundの色は白くして、Foregroundに赤さびのような色を入力します。
そしてOpacityに先ほど作ったMetal Edge Wearノードの出力をいれます。

まとめ

今回は適当に作った3Dモデルだったので解像度が低く、若干効果がわかりづらい部分もあったかもしれませんね。

3Dモデルを使ってSubstance Designerでテクスチャを作るという制作フローはあまりメジャーじゃないっぽくて、ググってもなかなか情報にたどり着くことができません。
Youtubeで探してもほぼないですからね。

検索結果の大半がSubstance Painterです。

僕はノードを組み合わせてモデリングしてテクスチャもノードでやりたい頑固な人間なので、Substance Designerでテクスチャを自由自在に作れるようになりたい…!

終わり

では今回はこれで終わります。

投稿者: 矶信一

大家好!我在学习汉语。I like Houdini.

#SubstanceDesigner 3Dモデルのエッジに傷をつける」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。