【Houdini 18.5】マテリアルでノイズを使いサビを表現

Rebuild Factoryzの礒です。
今回は金属マテリアルにノイズを加えて赤錆を足してみたいと思います。


やりたいこと

金属マテリアルを基本とし、一部に赤錆を生成する。

ノイズを加える

ノイズを加えるにはポジション情報が必要なので、ネットワークの一番左にあるノード「Rest Position」を使います。

Rest Positionの出力「restP」をAnti-Aliased Noise(以下aanoise)の入力「pos」につなぎます。

aanoiseの出力「noise」をRamp Parameterノードの「Input」につなぎます。
そして出力の「ramp」をPrincipled Shaderのbasecolorにつなぎます。

Rampで調整

Ramp Parameterでノイズの量を調整します。
適当に動かすだけで感覚がわかるかとおもいます。

Ramp Parameterをもう一つ足し、Principled Shaderの入力「rough」につなぎます。
この時、Rampの名前を「ramp2」に変更しておきます。
Ramp Parameterは複数つくるとNameに書いてある名前がかぶってしまいますので、変えておきます。

レンダリング結果

今回、僕はKarmaレンダラーを使ってレンダリングしてみました。
Materialをいじってるだけなので、同じことがMantraでもできると思います。

いずれKarma記事も書いていきたいですが、まだまだ不明なところもあるので勉強頑張ります。

終わり

今回はこれで終わります。

投稿者: 矶信一

大家好!我在学习汉语。I like Houdini.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。