【Houdini 18.5】ロープの作り方:備忘録

Rebuild Factoryzの礒です。
今回は備忘録代わりにロープの作り方を書いていきたいと思います。
備忘録なのでそこまで詳しく書けませんことご了承ください。


全体図

ノードネットワーク自体はシンプルにまとまってると思います。
要はSweepとAddノードの扱い方が重要なのではないかなと思っています。

Curveで基本となる線を描く

今回使う基本の線をCurveノードで描きます。

Resampleで滑らかにする

Resampleノードで先ほどのCurveを滑らかにします。
気を付けるべき設定はTreat Polygons AsをSubdivision Curvesにしておくことです。

Sweep1回目

断面として用意したのは三角形ポリゴンです。
CircleノードでPrimitive TypeをPolygonにし、Divisionsを3に設定すればOKです。

3本のEdge抽出

Addノードで、先ほどのSweep結果から3本のEdgeを抽出します。
気を付けるべきところは、

Polygonタブをクリックし、By GroupでAddの項目をSkip every Nth pointにしておくことです。
Nで何個のポイントをスキップするか指定できるのですが、今回はSweep1回目で断面として使ったCircleのDivisionsを参照しています。
今回の例では3ですね。

For-Each内でSweep2回目

For-Each Primitiveを使って、3本のSweepジオメトリーを作っていきます。
断面は適当にCircleでPolygonにして12分割程度のものを用意します。

重なっていてよくわかりませんが、一応これで3本のSweepができました。
次はねじっていきます。

Sweepノードでねじる

ノードネットワーク上で黄色にしたSweepノード(Sweep1回目の時と同じやつ)でRotationのFull Twistsを上げていきます。

これでロープの完成です!

Sweepの断面ジオメトリーの大きさやTwistsの数値を変えることでバリエーションを増やすことができます。

終わり

今回はこれで終わります。

投稿者: Rebuild Factoryz 礒

Rebuild Factoryzの礒です。 現在は3DCGのモデリングやレンダリング、そしてUnityでのVR環境構築の仕事をしております。 アスペルガー症候群とADHD、双極性障害、解離性障害(記憶障害)を持っています。障害を持っているとは思っていなかった少年時代はいじめ問題に悩まされて生きてきました。今は障害を持ちながら、適度に社会と交流しながら生活していければ良いなと思っています。普通の人とは違う価値観をブログ等で発信していけたら幸いです。 趣味は3DCGモデリングと読書、そしてブログです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。