【Houdini 18.5】複数の面に点を配置する方法:その1

Rebuild Factoryzの礒です。
今回は複数の面に点を配置、生成する方法を書いていきたいと思います。
ひとつの面に対して行うのとは異なり、若干難しくなります。


全体図

全体図はほんのちょっとだけ複雑です。
主軸はforeachノードを使っているというところです。

Gridで面を作成

面はシンプルにグリッドで作成します。
RowsとColumnsは適当に6ずつにしました。

For eachとExtract Centroid

for-each primitiveをネットワーク上に置いて、Extract Centroidノードを途中に置きます。
Run OverはPiecesにして、Piece ElementsはPrimitivem、OutputはPointsにします。

Piece Attributeは空白にしています。
初期値ではnameになってるかと思いますが、削除します。

これでグリッドの各プリミティブ(面)の中心(重心)に点を配置することができました。

ちなみに

海外で実際に使われているシーンを見ると、nameノードを先に置いといて、それからExtract Centroidを使っているのを見たことがあります。

ある特定のプリミティブ群に対してのみ使う場合に役立つのではないかと思います。

終わり

では今回はこれで終わります。

投稿者: Rebuild Factoryz 礒

Rebuild Factoryzの礒です。 現在は3DCGのモデリングやレンダリング、そしてUnityでのVR環境構築の仕事をしております。 アスペルガー症候群とADHD、双極性障害、解離性障害(記憶障害)を持っています。障害を持っているとは思っていなかった少年時代はいじめ問題に悩まされて生きてきました。今は障害を持ちながら、適度に社会と交流しながら生活していければ良いなと思っています。普通の人とは違う価値観をブログ等で発信していけたら幸いです。 趣味は3DCGモデリングと読書、そしてブログです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。