【Houdini 18.5】面の中央に点を配置する方法:その2

Rebuild Factoryzの礒です。
今回は面の中央に点を配置する方法を書いていきたいと思います。

今回のアプローチとしては、四角形を作成しその対角線を描き、対角線の中点を作成する流れでいきます。


動画


全体図

その1と比べると少しノード数が増えました。

面の作成

面は水平のLineを作成し、TransformでY軸方向に1移動させます。
それらをMergeし、Skinで面にします。

対角点のグループ化

アナログな選択方法になってしまいましたが、今回は0と3の点をグループ化します。
Group Nameを$OSにすると、ノード名と同じグループ名になります。
便利なのでよく使います。

Addで対角線作成

addノードでポリゴンを作成します。
Houdiniではただの線分でもポリゴンというのでちょっぴり違和感。
まあそれは置いといて、先ほどのグループを選択して対角線を作成します。

Resampleで中点作成

Groupに1と入力しておくと、プリミティブナンバーで1のものにだけ適用できます。
今回は0が面、1が対角線だったので、1にしておるわけです。
セグメント数は2にしておきます。
これで中点が作成されました。

Deleteで中点以外削除

ここもアナログですが、中点のポイント番号が5だったので、
OperationをDelete Non-Selected、EntityをPointsにして、5を選択します。

これで中点のみのジオメトリーが作成できました。

Merge

あとはマージして完了です。

終わり

今回のやり方ですと、面の形状が変わっても中点の位置は追従することができます。

多少面倒ですが、変形させることを考えたら今回のやり方がいいのかもしれません。
なお面の数が多くなる場合はForeachノードなどの出番ですね。

とりあえず今回はこれで終わります。

投稿者: Rebuild Factoryz 礒

Rebuild Factoryzの礒です。 現在は3DCGのモデリングやレンダリング、そしてUnityでのVR環境構築の仕事をしております。 アスペルガー症候群とADHD、双極性障害、解離性障害(記憶障害)を持っています。障害を持っているとは思っていなかった少年時代はいじめ問題に悩まされて生きてきました。今は障害を持ちながら、適度に社会と交流しながら生活していければ良いなと思っています。普通の人とは違う価値観をブログ等で発信していけたら幸いです。 趣味は3DCGモデリングと読書、そしてブログです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。